とりあえずやりました。

勉強したことを記録しようと思いました。

Symfony3の初期表示まで1日かけたアホは私

ほんとタイトルの通り。

アホは私です。

 

「8000番ポートへ、NATのVMWareに対して、どのようにブラウザからアクセスするか」ということばかり考えてしまっていて、大切なことを見失っていました。

 

 

最終的にserver:startするときに[サーバのIP]:80で起動すればよかったということに、さきほどようやく気づきました。

 

アホは勉強するのも大変です…(´・ω・`)

インフラ苦手なんじゃ〜><

業務でてんやわんやしてます(Symfonyプロジェクト立ち上げ中)

業務でSymfonyのシステムを1から作れという無理ゲーを言われています。

なので自習はほぼなし。

メモはQiitaに残しました(限定公開で)

業務上の情報は記載してません。

 

qiita.com

 

↓は追記するかもです。

SimpleXMLでかなり詰まりました。

 

qiita.com

踏み込むしかない…。

参考書とか探したけど見つからなかったので、とりあえず公式(英語)でやることに
します。

 

Symfony 3.3 Documentation

 

これでダメだったら諦めてSymfony2の本読みますわ…。

必要なの3なんで意味なさそうだけど…。

 

英語が死ぬほど苦手なので頑張ります(白目)

これ挫折するわ。

symnote.kwalk.jp

 

やっていますが、ルートパラメータで詰まっています。

プログラム通り書いてもうまくいかないので、もう何が原因なのか…。

 

 

私の頭が悪すぎるのが悪いのか…。

 

 

と、落ち込みかけているので、別の教材探そうと思います。

馬鹿でもわかるやつ…_(:3」∠)_

超入門Symfony3でおみくじアプリ作成中。

symnote.kwalk.jp

 

はじめてのページ表示までやりました。

 

詰まったところと解決策

Semantical Errorが出る

サイトのRouteのインクルードが間違っている。

 

use Sensio\Bundle\FrameworkExtraBundle\Configuration\Route;

 

を使う。

Symfonyのバージョンによるものなのかしら…?

 

ルーティングエラーが出る

原因は、DocumentRootにapp_dev.phpまで書いていたため。

あほじゃ〜><

それを消したらOKでした。

そりゃあそうですよねって思いました…。

 

上記2つでココロ折れたのでSymfonyはこの辺で。

rails tutorialやりました(環境周り+hello_app)

rails tutorialやりはじめました。

本当はSymfonyより好きです。

 

railstutorial.jp

 

今日は1章の途中まで。

Gemfileの書き方はいちいち見ないと覚えてられないんですが、
基本的に私はバージョン固定で書くタイプです。

 

とりあえず詰まったところもなく、1.3.2でrails serverを起動するところまで
できました。

超入門Symfony3プロジェクトを立ち上げた(しかもcloud9)

symnote.kwalk.jp

 

今回はデバッグMVCまで実施。

 

ハマったところ

Cloud9でサーバーを立ち上げた際、profilerが出なかった。

 

解決策

DocumentRootをweb/app_dev.phpに変更した。

etc/apache2/sites-available/001-cloud9.conf

を書き換えればOK。

 

後日追記

DocumentRootは大人しくwebまでにしておけ…!

これとは別件で、起動前にapp_dev.phpの13行目あたりのブロックをコメントアウトする必要があった。

 

思ったこと

ずっとRailsだったので、app以外に入れるのが意外だった。

あとMVCの話はいい加減覚えられているのがちょっと嬉しかった。

 

終わり。

続きできたらやるかも。